利尻カラーシャンプー・トリートメントは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【大暴露!】利尻カラーシャンプー・トリートメントが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーと美容院を比較!カラーの併用は可能?髪色が緑になった時は対応してくれる?

投稿日:

利尻カラーシャンプーは白髪染めができると話題のヘアケア商品ですが、地毛をカラーリングすることはできません。

なぜならヘアマニキュアの一種に分類されるからです。

そこで気になるのが美容室でのヘアカラーについてです。

 

果たして利尻カラーシャンプーを使いながらカラーをしても大丈夫なのでしょうか?

今回はそんな疑問点を解消していきたいと思います!

また、利尻カラーシャンプーと美容室のメリットとデメリットについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

利尻カラーシャンプーと美容院どっちが良い?

利尻カラーシャンプーにも美容院にもそれぞれ良さがありますので、あなたの希望に合ったほうを選びましょう。

ここでは即効性と手軽さに重点を置いて比較していきます。

 

即効性を求めるなら美容院がおすすめ

利尻カラーシャンプーは洗うたびに色が染まっていくタイプなので、即効性を求める人には向いていません。

一方で、美容院は白髪染め専用の薬剤で1日で染めることができます。

そのため即効性を求めるのであれば断然美容院がおすすめです。

 

また、髪の毛に優しい薬剤を使用している美容院を選ぶことで髪の毛への負担を軽減することもできます。

利尻カラーシャンプーや市販のカラー剤よりもお値段は張りますが、それだけの効果が得られるのが大きなポイントです。

 

自宅で染めるなら利尻カラーシャンプーがおすすめ

時間がかかってもいいから自宅で簡単に染めたいという方には利尻カラーシャンプーがおすすめです。

毎日使うことでカラーを維持することができるため、コストパフォーマンスにも優れています。

特に仕事が忙しくてなかなか美容院に行けない方や、子どもが小さくて美容院に行く暇のない方にもってこいです。

 

また、利尻カラーシャンプーには髪の毛のダメージを補修する成分も含まれていますので、髪の毛を労わりながら染めることができます。

色落ちしやすいというデメリットがあるものの、毎日使えば色落ちの心配もありません。

 

結局どっちなの?美容院と利尻カラーシャンプーの比較まとめ

それぞれにメリットとデメリットがあることが分かりましたが、どちらが良いかどうかは人それぞれ異なります。

下記のまとめを参考に、自分の希望に合ったほうを選んでくださいね。

 

美容院のメリット・デメリット

美容院のメリットは髪の毛のダメージを抑えながらキレイに染めることができる点です。

美容師さんに任せるので失敗する心配もありません。

デメリットとしては、値段が高いことと拘束時間が長いことが挙げられます。

 

利尻カラーシャンプーのメリット・デメリット

美容院よりもコストパフォーマンスが良く、髪の毛のダメージを補修しながら徐々に染めることができます。

一方で、カラー展開が4色なので自分に合った色がない場合や、色ムラが起こる可能性があります。

 

それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで選ぶことが大切です。

 

利尻ヘアカラーシャンプーと美容院のカラーは併用できるの?

結論から述べると、利尻カラーシャンプーを使っている最中に美容院でカラーをするのはおすすめできません。

 

「絶対にダメ!」

 

というわけではありませんが、髪の毛へのダメージやカラーの色素が心配です。

どうしても両方利用したいという方は下記の注意点を必ず守ってください。

 

最低でも2週間以上間隔を空ける

利尻カラーシャンプーを使っている方は、美容院に行く予定日の2週間前から一旦使用を中止してください。

そうすることで髪の毛の表面をコーティングしている利尻カラーシャンプーの色が落ちていきます。

利尻カラーシャンプーの色味が残ったまま美容院でカラーをすると希望通りの色にならない可能性があるため、必ず間隔を空けましょう。

 

美容師にカラーシャンプーを使っていることを伝える

利尻カラーシャンプーと言っても伝わらない可能性がありますので、

 

「白髪染め専用のカラーシャンプーを使っています」

 

と申告してください。

相手は髪の毛のプロなので、色素が入りやすいように薬剤の量を調節したり適切な対応をしてくれます。

髪の毛のダメージがひどい場合はトリートメントを勧められることがありますが、髪の毛のためにもトリートメントはしておいたほうが良いでしょう。

 

髪の毛のダメージの進行を覚悟しておく

利尻カラーシャンプーはヘアマニキュアの一種なので髪の毛にダメージが加わることはありません。

一方で、美容室でのカラーは髪の毛の色素を染めます。

アルカリ性の薬剤で髪の毛のキューティクルをはがすため、どうしても髪の毛が傷んでしまいます。

そこを理解したうえで美容室に行きましょう。

 

なお、利尻カラーシャンプーの色味が残っていた場合は、ブリーチをして髪の毛の色素を抜くことがあります。

ブリーチは髪の毛と頭皮への負担がとても大きいので、

 

「ブリーチをしないとカラーができない」

 

と言われたときは断ったほうが良いかもしれません。

 

利尻カラーシャンプーで髪が緑に!?美容院で解決できる?

ごく稀に利尻カラーシャンプーを使って髪の毛が青や緑に近い色に染まることがあります。

これはカラー剤の”赤み”だけが何かしらの原因で抜けてしまうことによるものです。

ヘアマニキュアなので時間が経てば少しずつ元に戻っていきますが、どうしても気になるときは美容院でブリーチをするという手があります。

 

ただし、利尻カラーシャンプーと髪の毛の色素を抜いてからさらにカラーをするため、髪の毛へのダメージは計り知れません。

美容院で対処してもらうことは可能ですが、髪の毛のことを考えるとおすすめしません。

お店によっては断られる可能性もありますので、一度電話で問い合わせてみると良いでしょう。

 

まとめ

利尻カラーシャンプーと美容室のカラーの併用はおすすめできません。

即効性を求めるのか、はたまた自宅で簡単に染めたいのか。

自分の希望にマッチしたほうを選んでくださいね。

どちらにしてもメリットだけを見るのではなく、デメリットも理解したうえで利用しましょう。



★染めずに根本から白髪を改善する★
ブラックアゲインEX

-利尻カラーシャンプー

Copyright© 【大暴露!】利尻カラーシャンプー・トリートメントが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.